どっちでも いいっかな♪
気楽に元気に笑顔でいきましょう~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ウォーターマン」
「ウォーターマン」 


          著者 松久 淳 + 田中 渉


不覚にも涙がこぼれました
最初は短編の物語
「海」が繋ぐ物語
もちろんサーフィンですが・・・
面白い構成で成り立っています

過去の人物と触れ合って
考えることよりも感じること
感じたまま行動することが
自分らしく生きること
幸せであることに気付く

「難しく考えちゃだめよ。
 想いがそこにあるのなら、
 それをそのままに受け入れればいいのよ。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

簡単なはずなのに
なかなか出来ない

この本の中で心に残った言葉は
「待つ。そして逆らわず」
そんな気持ちで居られるようになれればいいな

不安
時間の中を必死で何かにすがりつこうとしている
そんなのに囚われてる自分

抵抗してる自分がいるから
肩の力が抜けて泣いてしまったのかもしれない

スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2005/09/22 23:35] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kimaguresoup.blog7.fc2.com/tb.php/34-1f647765
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。